結成2ヶ月の女子バスケ部が県大会に出場決定!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

結成2ヶ月の女子バスケ部が県大会に出場決定!

こんにちは。この春、英数学館高校アドバンストクラスに入学した内海と言います。

英数学館高校に入学して2か月が過ぎましたが、バスケはもちろん、新入生合宿などを通じて新しい友達もでき、充実した毎日を過ごしています。

私は小学校2年生のときに父の影響でバスケを始めました。そこからクラブチームにも入り、中学校ではキャプテンも務めました。

今年から英数学館高校の女子バスケ部が指定強化部になるということもきっかけとなりましたが、今日は私が英数学館を選んだ理由や、どんなチームにしていきたいかなどお話しさせていただきたいと思います。

スクリーンショット 2021-05-21 1312543


1つめの理由:プレイヤー以外の経験も積むことができる!

昨年8月に、Bリーグ(男子プロバスケットボールリーグ)B1に所属する広島ドラゴンフライズと英数学館が主催して、福山市内の中学校の男女各8チームを集めたARCTOS CUP(アルクトスカップ)に参加したことが英数学館を選んだ1つ目の理由です。

中学最後の年にコロナ禍でどんどん試合がなくなり、「もうこのまま結果を残すことはできないのかな」と不安に思っていた時に、アルクトスカップが開催されました。

「きっとこれが最後の試合になるだろうから、絶対に優勝して終わろう!」という気持ちで臨みました。

大会での結果は準優勝だったんですが、その時に英数学館の選手の方たちが審判をしていたんです。

選手が完全に運営側として大会に関わっている姿を見て、英数学館に行けばプレーする以外にもこんな経験ができるんだな、と魅力を感じました。

全国的に次々と大会がなくなっていく中、きっと英数学館の選手の方たちも私たちと同じように不安な思いがあったことと思います。

そんな中、感染対策などたくさんの配慮をして、あのような大きな大会を開いてくれたことに感謝しています。

アルクトスカップに参加したことで、さらに強く英数学館に行きたいと思うきっかけとなりました。

スクリーンショット 2021-05-21 1323311


2つめの理由:オープンスクールで知れた楽しい雰囲気

英数学館のオープンスクールに参加して部活の雰囲気を知れたことも大きな要因です。

オープンスクールは、入学前に学校の雰囲気や部活の楽しい雰囲気を知れて入学後のイメージもしやすくて、参加して良かったと思っています。

すごく楽しくていい雰囲気だったので、「一緒に英数学館に行こうね」って同じ中学の子やクラブチームの子を誘って、みんなで英数学館に進学を決めました。


3つめの理由:たくさんの選択肢が持てる場所

もう一つは進路の幅が広がりそうだと思ったからです。

まだ明確に進路は考えていませんが、ゴールデンウィークの前に関連校である倉敷芸術科学大学と練習試合をしました。

倉敷芸術科学大学の女子バスケットボール部は、4年連続7回のインカレ(全日本学生選手権大会)出場を果たす、知る人ぞ知る強豪校なのですが、やっぱりすごく強くて、自分もこんなプレーができるようになりたい!と目標ができました。指導者の方もすごくいい方で魅力のある学校だなって思いました。

関連校の大学と練習試合をできたりすることは、大学の雰囲気を知るのにいい機会となるので、その恵まれた環境をしっかり活かして進路を考えていきたいと思います。

でも、これから3年後にどんな選択ができるのかは、私の頑張り次第だと思います。

単元テストや定期テストで成績を落とさないように、普段から勉強にも取り組んで、これからたくさんの選択肢を持てるように頑張りたいです!

スクリーンショット 2021-05-12 1211441


経験から目指すチーム作り

指定強化部1年目の女子バスケ部ですが、大事な場面で気持ちが折れず、いつでも全力でプレーできるチームにしていきたいと思っています。

私自身の中学時代の経験で、秋季大会の引退試合で相手のスピードに押されてリズムがつかめずシュートも入らなくて、私の気持ちが結構折れてしまったことがあったんです。

その時に、仲間の声掛けのおかげで立ち直れたという経験がありました。

その試合は負けてしまったんですが、もし気持ちが折れたまま試合を終えていたら、私の中で引退試合が悪い思い出として残ったと思うんです。

でも「仲間のおかげで、前向きな気持ちで全力でプレーができたから悔いが残ることなく引退試合ができた。」という事が、私にとってはとても大きな事となり、今も心に残る試合の一つとなりました。

この経験から、仲間がしんどい時こそ声を掛けあえる仲のいいチームを作ることが、いつでも全力プレーできるチームにするために大切なことだと学びました。

その為に普段からしっかりコミュニケーションを取って、いい雰囲気のチーム作りを心掛けていきたいです。


今後の目標

私の最終目標は、全国大会出場です。

その為に必要なことは、顧問の先生主体のチームではなく、自分たちが主体性を持ち自分たちで考えることのできるチームにすることだと思っています。

具体的にOBの方に聞いていいなと思った点で、「練習メニューなどは自分たちで考える」というところがあったのですが、私たちもそんな風にできるようになったら、全国大会も遠い夢ではなくなるのかなと思っています。

私たち女子バスケ部は指定強化部1年目のチームですが、英数学館には身近に全国大会出場を果たした経験者がいて、ありがたいことにアドバイスをもらえる環境にあります。

しっかり経験者の話を聞いて、マネできるところはマネをして自分たちのレベルを上げていきたいと思っています。

最終目標は全国大会と言いましたが、すぐ目の前の目標は、第74回広島県高等学校総合体育大会バスケットボールの部(県大会)でまず初戦を突破して、一つでも多く勝っていい経験を積むことです。

先日開催された福山地区予選では3勝1敗でベスト8に入りました。

1敗の原因は、緊張して固くなってしまったことだと思うので、たくさん試合をして経験を積んで、試合に慣れていくことが最終目標に繋がっていくと信じています。

まず、1勝!!
県大会、みなさんにいいご報告ができるように頑張ります!!

スクリーンショット 2021-05-21 1302461


最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。子供たちのミライが最高の彩りに満ち溢れたものになるよう、私たちも様々な可能性を信じてチャレンジし続けていきますので、何か気になることや質問などありましたら、お気軽にお声がけください。

みなさんの「スキ」が励みになります。ありがとうございます!
西日本で唯一の小学校 - 高校の国際バカロレア・ワールドスクール認定校。「好き」× 「得意」= 世界に生きる「あなただけの武器」を手に入れる学校として、国際バカロレア・英語イマージョン・探究学習など「学びに役立つ情報」を中心に、学校のリアルなお話しをお届けしています。