見出し画像

日本人の英語力はなぜ低い?英語に浸るイマージョン教育ってなに?

急速に進むグローバル社会、日本人の英語力はなぜ低い?

突然ですが、みなさん英語話せますか?

急速にグローバル化が進む世界、その世界の共通語はやはり「英語」であるということは誰もが認める事実ですよね。

これからは英語が大切!と言われて久しいですが、多くの日本人は「英語が使えて当たり前」には程遠いように思うのは私だけではないはずです。

日本の学校システムにおいて、英語は中学校からは主要5教科の1つとなっていて中高あわせて6年間、大学まであわせると10年間も英語に接しているにもかかわらず、日本人の英語力はアジアの中でほぼ最下位という悲しい現実…

現に世界100カ国が参加する英語能力を図るEF-EPIで、日本は5段階評価の下から2番目「低い」に位置付けられ、先進国最下位、アジアでもほぼ最下位、その上年々ランキングが下がっていると言う状態だそうです。
https://www.efjapan.co.jp/epi/regions/asia/japan/

画像4


EF-EPIの傾向


ではなぜ、日本人の英語力は低いのでしょう。
英語が使えない日本人が多いのは、その学習方法に問題があるということなのでしょうか?

一般的な日本の英語の授業は、先生が黒板の前に立ち、生徒は席に着きノートを取り、いつ使うかもわからない実用的でない英文を全員で読み上げる。
I have a pen. My name is Kenji. This is a pen. How do you do? ....

このような試験をパスするためだけの「読み」「書き」だけの学習方法で、果たして英語が身につくのでしょうか?

「実社会に活きる英語を身に付ける!

言葉にすれば簡単ですが、さて。
どうすれば「実社会に活きる英語」を身に付けることができるのでしょうか。

世界各国で国際バカロレアやイマージョン教育を進める先生たちに話を聞いてみました。

留学しないと英語が話せるようにはならない?

「実社会に活きる英語」を身に付けるために、まず日本の英語学習で足りないことは、学習したことを実践することです。授業で習ったことを実践する場がないので、その単元が終われば忘れてしまいます。

インプットしたものをアウトプットする。それなくして、学習したことが身につくことはありません。

では、どのようにしてアウトプットしましょうか。

いろいろな方法があるでしょうが、一番手っ取り早いのは留学して英語だけの環境に身を置くことでしょう。しかし留学ができる人ばかりではありません。

金銭面、健康面、精神面、時間面など、様々なことが問題となり留学できない人は、英語ペラペラを諦めなければならないのでしょうか…

いいえ、諦めなくても大丈夫だそうです。 

日本にいながら留学しているような環境があれば、留学しないでも英語が話せるようになるんです。

画像2

日本にいながらまるで留学!イマージョン教育

言語を習得するのに有効なメソッドにイマージョン教育というものがあります。イマージョン教育では、外国語を教科としてではなく、手段としてその他の教科を学習します。

イマージョンとは「浸ること」という意味です。

英語イマージョン教育を実践している英数学館小学校では算数、理科、社会、図画工作など、学校生活の約50%を英語で過ごし、中学校では数学、理科、社会、ホームルーム活動などを、全て英語で行います。

その学校生活は日本にいながら、まるで留学しているような環境なんです。
日本中に英語イマージョン教育を実践している学校がありますので是非検索してみてください。

自然な英語に囲まれて英語力をつける

私たち日本人が日本語を流暢に話すことができるのは、日本語を話す人々に囲まれて育ち、日本語を話しながら育ったからですよね。

英語が話せるようになるにも同じやり方を実践すればいいのです。英語イマージョン教育では自然な英語に日々親しみ、いろいろな活動を英語で行うことを通じて、生徒の英語コミュニケーション力を鍛えています。

最初は先生の言っていることがほとんど分からない生徒たちも、半年も経てば先生の言っていることをほぼ理解できるようになり、授業に積極的に参加するようになります。

そのうちに英語で自分の言いたいことを発信するようになります。プレゼンテーション形式で発表する課題が次々出されるため、生徒は限られた英語を一生懸命使わざるをえません。

そのような学校生活を送っているうちにどんどん英語力がついていくのです。

画像1


試験のためだけの英語学習はもうやめましょう!

言語はあくまでもコミュニケーションの手段ですですから、コミュニケーションを通して身につけていくことが最も有効なはずです。

英語イマージョン教育の、教師やクラスメイトとのやり取りを通して英語を学んでいく環境は英語を学ぶ上で理想的です。

英語イマージョン教育を実践している生徒は、文法や単語の暗記中心の英語教育とは無縁の英語イマージョン教育という環境の中で、「実社会に活きる英語」を身につけているのです。

日本にいながら、まるで留学しているような学校生活を送って、あなたも英語ペラペラになりませんか。

次回はイマージョン教育を受けなくても、独力で英語が使えるようになるテクニックや勉強法を紹介したいと思います。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。子供たちのミライが最高の彩りに満ち溢れたものになるよう、私たちも様々な可能性を信じてチャレンジし続けていきますので、何か気になることや質問などありましたら、お気軽にお声がけください。

みなさんの「スキ」が励みになります。ありがとうございます!
10
西日本で唯一の小学校 - 高校の国際バカロレア・ワールドスクール認定校。「好き」× 「得意」= 世界に生きる「あなただけの武器」を手に入れる学校として、国際バカロレア・英語イマージョン・探究学習など「学びに役立つ情報」を中心に、学校のリアルなお話しをお届けしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。